歯列矯正は、歯をキレイに並べるだけではありません。

一緒に噛み合わせを必ず調整します。

歯並びがキレイになり、キチンと噛み合わせが出来るようになると、
今までの顎の違和感が無くなるので、上あご下顎がキチンと収まり顔のラインがキレイになっていきます。


日本人の多くの方の顎は歯がキチンと並ぶには顎の骨のサイズがやや小さめで歯のサイズとあっていないので、新しい歯が窮屈な場所に生えてしまい、歯並びが悪くなることが多いようです。
大人に成長する過程で、歯は乳歯から永久歯に生え変わります、その際に、顎が小さいと歯が窮屈な場所に生えて来てしまい、そのまま成長してしまうと、綺麗な歯並びになりません。(遺伝子が関係しているのではと言われることがあります)

顎の骨の成長が固まっていない子供のうちは、大人と比較すると歯の移動の動きも早く、歯を抜いたり削ったりしなくても、キレイに歯が並びやすいです。


歯並びは成長にあわせて矯正治療をすることが好ましく、特に海外では大人になる前に歯列矯正の治療をするのが一般的です。

とは言え、あまり若いうちに矯正治療をはじめると、一旦は綺麗な歯並びになり、治療は終わるのですが、顎や歯が成長とともに動いてしまう事があり、歯並びがずれてしまうことがあります。


子供のうちは本人の成長をみながら歯科矯正治療を行うのが、望ましいです。
親が歯や顎の成長を判断することは難しいので、掛かり付けの歯医者さんと良く相談する事が必要です。
矯正治療経験のある歯科医は子供の矯正治療のスタート時期を当然認識しているので、早すぎる治療開始には賛成しないでしょう。
しかし、矯正を専門にしていない歯科医や経験の浅い歯科医は、正確な判断では無い可能性があるので、歯科矯正の経験値豊かな先生の相談を受けてください。
不安がある場合は何人かの先生に相談しても良いと思います。
矯正歯科医院では、無料相談をして貰えますので、何件か回って、納得の行く歯医者さんで治療を受けるようにしてください。


契約や、入金を急がせたり、不安を煽るような事を言われても、数件相談に行くことで、冷静に判断出来るようになります。


また、何人かの先生に相談しているなかで
適切な治療費や治療方法も明確になり、治療後のキレイな歯並びもイメージ出来るようになってきます。
歯並びの治療をすると決めると、2年近く通院することになりますので、先生との相性や信頼関係も非常に大事な要素になってきますので、質問があれば、キチンと最後まで説明してもらい、お互いにホントに納得した上で、治療を開始してください

歯並びがずれていると、自然と噛み合わせもずれてしまいます。


初めて行く歯医者さんでは、
まず最初に「じゃあ歯型をとりますね」と言われます。同時にレントゲンを撮る先生も居ます。

歯科医によって治療方針は様々ですが、
初めて行く歯医者さんでの初診では必ず歯型とレントゲンを撮って歯の状態を確認する歯医者さんも居ますし。
年に1回程度、定期的に歯型を取り、レントゲン撮影して、以前と歯の違いを比較し確認される先生もいます。

歯医者さんで歯型をとることを「印象(いんしょう)」と言いますが、
歯列矯正治療や、インビザライン矯正を始める際にも、必ず必要です。

この歯型を基に、模型を作り矯正治療の計画を立て、治療が進められていきます。

この歯型が大切で、精密な型取りをする印象が治療には非常に重要です。

大切な歯型を採るときには、一般的にペースト状の物が使用されます。

最近では経験豊かなスタッフや、先生により、緊張して嗚咽などが無いように、少しでも楽にリラックスして臨めるように色々と努力してくれる歯医者さんが増えたのですが、
苦手な方には、本当に負担が大きい処置です。
このペースト状の物が固まるまで口に入れて待っている時間(2分位?)が結構長く感じ、苦しく息がしにくいなどの不快感があり、気持ち悪くなってしまう事があります。

しかもキレイな歯型が取れないとやり直すことになってしまいます。

今までの歯並び矯正治療は、治療期間中は、治療中なのが、第三者にすぐ分かる目立つ金具やワイヤーに加え、口の中に違和感があり、歯を動かすスピードによって、痛みが発生する事があり、歯や装置のメンテナンスも必要で、

マウスピース矯正とワイヤー矯正が違う部分とは?

マウスピース矯正とワイヤー矯正の異なる部分
幾つもの歯並び矯正仕方の中に於いて、とりわけ代表となる2つの矯正歯科治療法、ワイヤー矯正とマウスピース矯正。それらの重要なアピールポイントに関しご案内させていただきます!

ワイヤー矯正 マウスピース矯正
目立ちにくさ リンガルブラケット(舌側矯正)の場合

ブラケットとワイヤーを歯の裏側に装着することで、アタッチメントが歯に隠れて見えづらく、歯列矯正中には判りづらい矯正方法です。

クリアーにちかい医療用合成樹脂製の矯正装置(アライナー)を歯に被せるだけということで、思っている以上に注視して見ない以上、矯正中とは判明しづらい矯正方法です。

審美ブラケットのケース

ブラケットは無色またはホワイトの目立たちづらい色合いで、審美性に重点をおいたアタッチメントになりますが、歯の表側に装具を着けることもあって、周囲の人が矯正装置に気がつくことがほとんどです。

金属(メタル)ブラケットの場合では

金属製のブラケットを歯の表側に付けることもあって、金属の色合いが歯の色味に比べて目を引きやすいことがほとんどです。

取り外し 基本的に矯正治療が仕上がるまでは、矯正装置については取りはずすということはしません。 アライナーについては手軽に着け外しすることが出来るようになっています。
矯正治療中の食事 矯正歯科治療している最中に食べてダメな食品・飲料は特別にないのですが、矯正装置が歯に固定されていますから、硬いもの、ねばねばした食品など、気を付ける必要がある食べ物も存在します。詳細については治療中の矯正歯科医師にご確認ください。 飲食の際にはアライナーを取り外してください。いつも通り食事をすることができるのです。
治療中の歯の手入れ 矯正装置が歯に固定されていますので、歯と歯肉全体のケアに慣れる必要があります。 アライナーをはずして、普段通りの歯のお手入れをして頂けます。
対応できる歯並び症例 治歯列矯正治療の適応条件に特別な制限はありません。但し、クリニックや矯正治療担当医の経験や治療方針等によって処置できる条件に違いが出て来る事があります。不安がある場合は、複数の矯正歯科医師のカウンセリングを受診することをおススメします。 基本的にはワイヤー矯正装置と同様に、治療の適応条件に制限は設けておりません。但し、マウスピース矯正装置のタイプ及び、歯科矯正担当医の経験や治療ポリシー等によって治療できる範囲に違いが出てくるケースがあります。詳しくは矯正歯科医へご相談ください。
歯列矯正治療期間 矯正治療期間は矯正歯科医の経験・治療方針や治療計画等によって違いますが、ワイヤー矯正装置も、マウスピース矯正装置も治療期間は概ね同じものだと言われています。

※ワイヤー矯正・マウスピース矯正(インビザライン矯正)も、矯正治療計画を立てる医師により、治療期間や仕上がりが大きく異なる事があります。

特にインビザライン矯正では、歯科医院で使用しているクリンチェックソフトが同じため、どこの歯科医院で治療を受けても同じと思われている方が多いようです。

治療計画を立てる歯科医師の矯正治療経験に差があれば、矯正期間や仕上がりに大きく左右されることがあります。また、精度の高い歯型を取る【アイテロ】iTeroエレメントの使用・不使用で、時間も結果も変わってきます。

歯科矯正治療費は保険が使えませんので、少しでも安い歯科医院を探される方が居ますが、結果が出るのが2年~3年後となり、歯並びに違和感を感じたり、仕上がりに納得出来なくて泣く泣く他の歯科医院に駆け込まれ、新たに治療しなければならず、結局、治療費が高くついたというお話を聞くことがあります。

矯正治療費は、大切な条件ですが、大切な「歯」を任せる事ができる歯科医師に出会えるように、カウンセリングや、無料相談で、矯正治療の不安を必ず取り除いてください。